秘仏の扉 V3.0
(仏像拝観情報)
:国宝 :重要文化財 ○:都道府県指定文化財 △:市町村指定文化財
Yahoo!カテゴリ(仏像)に登録されました。
「秘仏の扉」とは
更新情報
秘仏一覧
国宝一覧
総合掲示板
掲示板最新書込
ご質問・ご感想
HOME

2391




書籍の紹介

仏像の事典で
秘仏の扉が
参考サイトとして
紹介されてます



中尊寺(ちゅうそんじ)


中尊寺に確認しました
 特別収蔵庫(とくべつしゅうぞうこ)                                              

一字金輪仏頂尊坐像(指定名称 一字金輪坐像)(いちじきんりんぶっちょうそんざぞう)

拝観不定期 前回は2000年にご開帳されました
工法木造 彩色 玉眼
時代鎌倉

 一字金輪仏頂尊は奥州藤原氏三代秀衡の念持仏と伝えられてきた、中尊寺の秘仏です。「北方の王者」とも称される秀衡法師が朝な夕なに拝まれた尊仏です。
 仏名の「一字」とは、このご尊体が梵字で「ボロン」一字で表されるからであり、「金輪仏頂尊」とは、仏のなかで最も勝れて尊い仏を仏頂尊といいますが、その仏頂尊のなかでも最も徳を持つ仏、ということになります。
 細く引かれた優しい眉、水晶がはめこまれた玉眼、そしてキュッと結ばれた朱唇には、金輪仏頂尊たる最勝の格調と共に慈悲を感じさせます。頭部の宝冠は5つの深い智恵を、両手で結んだ智拳の印は、無明(迷いの根本、煩悩の根元をなすもの)を除くこと、仏の智恵を象徴しています。
 昔から「人肌の大日」といわれ、人々から親しみ敬われ続けてきました。

 この秘仏の御開帳は不定期で、たとえば清衡の850年御遠忌、あるいは中尊寺開山11150年といった、特別な年にあたり、中尊寺一山が御開帳を決めた場合だけ開扉されることになっています。


いたずら書き込み対策のため、しばらく掲示板の書き込みを中止します。ご意見ご質問はメールからお願いします。

お名前
メール
ホームページ
タイトル
    削除キー
岩手県  西磐井郡平泉町 中尊寺 金色堂
[ 1 ]「よみがえる金色堂」 くめさん 2010/11/16 11:28:00
昭和37年から7年かけて修復した記録。凄い映像。